スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      

【炎上】コロコロコミックのチンギスハン侮辱事件!漫画家もネット逃亡!小学館が誠意もって謝罪!!

漫画 ゲーム アニメ
03 /01 2018

ちびっ子向け漫画雑誌「コロコロコミック」2018年3月号に掲載された漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」(吉野あすみ先生)に、モンゴル帝国の初代皇帝であるチンギスハンが登場。漫画のキャラクターがチンギスハンのおでこに下品な絵を描いて炎上した件で、コロコロコミックを発行している小学館謝罪した。



コロコロコミック 2018年 03 月号 [雑誌]


・英雄視されているチンギスハンを侮辱
モンゴルにおいてチンギスハンは英雄であり、事実、世界中の教科書に登場する実在の歴史的人物である。英雄視されているチンギスハンを侮辱されたと感じたモンゴル出身の元力士、朝青龍が激怒。インターネット上で炎上に発展。小学館が以下の謝罪文を掲載した。

小学館のコメント
「2月15日に発売致しました弊社月刊誌「コロコロコミック」3月号掲載の漫画『やりすぎ!!! イタズラくん』において、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。

今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です。なお2月23日、同趣旨の謝罪文を、モンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に直接お渡し致しましたので、あわせてご報告致します」

「上記の事情により、月刊コロコロコミック3月号で募集いたしました「イタズラクガキコンテスト」につきましては、中止とさせていただきます。あらためておわびいたしますと同時に、すでにご応募いただいたみなさんには、切手を返送させていただきます」

・自身の公式Twitterを非公開
小学館は誠意をもって謝罪しているように思えるが、インターネット上ではまだ炎上が終わっていない。問題視されている「やりすぎ!!! イタズラくん」を描いた吉野あすみ先生が、自身の公式Twitterを非公開にしたため、逃げていると感じている人が多いのだ。

(以下略)

http://buzz-plus.com/article/2018/02/28/korokoro-genghis-khan-sorry/



このニュースにネットでは「さっさと雑誌回収しろよカス」「書いた本人にも謝罪させろよ」「タイトルがやりすぎイタズラくんなんだから堂々としてろよ」「いたずら書きくらいでこの騒ぎならドラえもんに出てきたナポギストラーなんかフランスやドイツからも我が国の英雄を侮辱したと言われそう」「こんなの謝らなくていいだろ」「表現の自由だろ」「これはモンゴルも怒って当たり前」「日本で言うなら、徳川家康の額に書いたようなもんかそれくらいで怒るか」「子供向けの漫画にここまで目くじら立ててくるとかマジでビビるわ。」「小学館は謝ったけど作者はしてない?こういうのはキチンと謝って終らせた方がいいぞ 」などの反応。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6046391272182007"
data-ad-slot="4326150297">


関連記事
      
  • Tag:コロコロコミック 漫画 炎上 謝罪 チンギスハン 朝青龍 吉野あすみ 小学館 モンゴル
  • コメント

    非公開コメント



    pansokunews

    ぱんだぁが芸能ニュースや気になる話題をまとめています!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。